高齢者グループホーム

グループホームとは

ご家庭の生活リズムを取り入れながら生活をする介護施設です。

老人ホームとは異なり認知症(いわゆる痴呆症)の方も入所できます。
お年寄りの介護のニーズの合わせた人間性豊かな生活の出来る施設といわれています。

施設自体も老人ホームと異なり、小規模な施設が多いです。
これはグループホームは1生活集団として9名以内で生活することを前提としています。(1ユニット9名といいます)
ですので大人数になることを制限しているので小規模になり介護ケアを受けやすく入居者同士のコミュニケーションが密になり、密度の高い人間関係を築くこと ができます。

また、お互いの信頼関係を尊重し、継続的な社会を作って生活していくので入居者同士が助けあい、連帯感を持つことが増えてきます。
当然のことながら小規模なのでお世話係やスタッフも、入居者の個性や特徴を把握しやすくなります。
グループホームの最大の目標としては混乱しないで普通の生活を送ることができるようにすることを何よりも優先します。

そして痴呆性高齢者が「心身の痛みを緩和し」、「心を癒し」、「生活に満足できる」ように導きます。

グループホームは介護保険認定事業です。(認知症対応型共同生活介護)

簡単にまとめるとグループホームは

  • 慣れ親しんだ生活様式が守られる暮らしとケア(束縛のない家庭的な暮らし)
  • 認知障害や行動障害を補い、自然な形でもてる力を発揮できる暮らしとケア
  • 小人数の中で1人1人が個人として理解され受け入れられる暮らしとケア
    (人としての権利と尊厳、個人の生活史と固有の感情)
  • 自信と感情が生まれる暮らしとケア
    (衣・食・住全般に生活者として、成人した社会人としての行動、役割を回復)
  • 豊かな人間関係を保ち支えあう暮らしとケア
    (家族との、擬似家族としての、スタッフとの、地域社会との、入居者同士の)

といわれています。(GH協会より一部抜粋 http://ghkyo.or.jp/top/